top of page
検索

四柱推命を勉強する民

更新日:2023年11月21日

 職場の先輩にタロットカード(オラクルカード)占いをやってもらい、その後自分でも占いをするようになってから、はや2,3年が経過した。また最近、別の占い術である四柱推命について触れる機会があったため、少し勉強してみたので今日はそんな話をしたいと思う。(四柱推命については、例えばこちらから。)


 素人の解釈で申し訳ないが、タロットカードは(過去や未来を読んだ上で)今どうするべきなのかということを、その場の雰囲気も踏まえた上で解釈が可能な「対話のツール」であると思っていて、ふとした時に1人で占ったり、信頼のおける友人に、占ってよと頼まれた時に力を発揮するものだと感じている。一方で四柱推命については、東洋占星術3000年以上の歴史の積み重ねによって出来上がったものであり、生年月日時を元に算出されるので、スタート地点が皆同じなのである。今どうするべきかというよりも、どんな性格・性質を持っているから、こんな立ち回りをしていくと良いよね、といった方向性の話をすることが第一にくるのではと感じた。


 私自身について、この本を読みながらメモを取ったので、今回はそれを載せたいと思う。誰得だという感じだが、もし私の友人で占って欲しい人がいれば、今こそチャンスと言わんばかりに連絡をくれると嬉しい。私も修行がしたい。


 


<基本的な性格=日柱の天干:甲(きのえ)>

・自立している

・明るく活発

・慈悲深い

・眼力がある


<本質的な性格=中心星=月柱の蔵干通変星:偏財>

・好奇心旺盛で多趣味

・ひとつのことをじっくり掘り下げるのは苦手

・色んなアイデアがたくさん浮かぶ

・嗅覚が鋭い

・ソフトな人当たり

・聞き上手

・つまらないプライドがない

・絶妙な距離感を保つ

・プレゼントをねだるのも上手

・話を合わせすぎると損、本心が見えない

・面倒見が良い

・長期的な目線での損得勘定を持っている

・感情に流されない

・商業全般に適正あり

・闘争心が希薄


<こうすると良いよ〜なこと>

・粘ると成功への道が拓ける

・お世話になった人への報告やお礼は大事

・事務的な仕事や雑務が苦手なので時には他人に任せることも

・感情的、情緒的な部分を受容できる広い心を持てると吉

・他の通変星(=比肩)の性質によって我を通そうとしがちなので、

 身近な人とトラブルが起きないように

・行動力があり、目標に向かって努力する力があるので活かしていけ

・趣味を実益化するのも吉

 

 個人的には概ねあっているなという感想だ。四柱推命は少々複雑で、上記のように1つの通変星だけでなく、他のと掛け合わせながら総合的に判断するようなので、概ねあっていればそれで良いのだろう。また、毎時日月年で運気の流れがあるので、「今月は大きな決断をした方がいい?」「今年の運勢は?」「運気が爆上がりの年は?」などなどもみることもできるので、日々のちょっとした背中押しにはなるのではないかと思う。自分のことがわからないという人、これまでの振り返りをしたい人などにもおすすめだ。

 

 上記に「ひとつのことをじっくり掘り下げるのは苦手」とはっきり書かれているように、四柱推命自体を深めていくかは別として、たまにはこういう話も楽しんでしていきたい。


(2023年11月追記)

 もし気が乗りましたら、感想やコメントを送れるGoogleフォームをご用意しております!ぜひポチッとしてください!お話ししましょう!



タグ:

最新記事

すべて表示

2023→2024

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page